面接もES(エントリーシート)も、伝え方や切り出し方が、
大切だと感じています。


◉就活を経験するまでは、あなた自身の考えや経験について話す機会は、それほどなかったと思います。

初対面の方に、深い内容の会話、日常生活ではなかったですよね。

◉面接は、対話です。
※演説ではありません。
話の内容や相手の意図に関心をもち、相手と会話してくださいね。

◉初対面の相手と、話す時の注意点は
一気に、たくさんの情報を伝えようとしないことです。
受け答えと、質問をし、徐々に、内容を把握するぐらいのスタンスが理想ですかね。

相手が内容の理解、情報の処理ができるよう、短めに話す。これも、面接のポイントです。

◉シチュエーション、タスク、アクション、リザルト。

◉結論、理由、具体例、締め

◉具体的な表現、抽象度な言葉のバランス

などを意識すると、短めに話せるはずです。

【そこで、実は】など、会話をつなぐ言葉は、ES作成の際、ぜひ、使ってみてください。

ちなみに
【ES作成のコツに関して、ワンコイン講座や無料講座を開催しています。】


就活支援のコラっぽ
【梅田就活基礎講座、梅田インターンシップ対策ゼミなど】

マーケティングコンサルタント
きたぎしひろき

http://osaka10shukatsu.blog.jp
http://s.ameblo.jp/mikan8oyatsu/