【面接対策】相手の考え方、価値観、事情への配慮が必要です。 『自分は、この企業で、こういうことが、したい。』 『自分は、将来、こんなことがしたい。だから、この業界で働きたい。』 このように、やりたいことが既に決まっていることは素晴らしいことだと、私は感じています。 【漠然でもOK。 こんなことがしたいと、イメージできていれば、面接で話せるはずですから。】 【※やりたいことが途中でかわることも アリでしょうし。 そもそも、内定はゴールではないと 私は考えています。 社会人生活、どの企業でスタートさせるかを決めることが、就職活動です。】 ⬇️ 本題 ◉相手の考え方、価値観、事情、企業文化、相手(企業)が大切にしていることなど、面接では配慮してください。 相手の事情を配慮せず、自分がやりたいことを伝えるだけだと、残念な結果になります。 事情や要望を、この方は、くみとってくださらないんだなぁ と相手は感じます。 それだと、次の面接にすすめないのは、ある意味、当たり前ですよね。 お互いの事情への配慮を就活中は、意識してください。 梅田就活基礎講座 梅田就活企画 http://osaka10shukatsu.blog.jp/