http://osaka10shukatsu.blog.jp/archives/13301192.html

【自分の強みを自覚しよう。】
➡️いろいろなエピソードを思い返してみよう。
きっと、あの時も、この時も、あなたは、強みを発揮しています。

【面接対策】

『あなたの長所(強み)は、何ですか?』

『あなたの短所は、何ですか?』

エントリーシートで、よく出題される問いです。

私の主観ですが、この問いを苦手としている就活生は、多いですね。

多くの方が、こんな反応をされます。

「長所といわれても…って、なっちゃいますね。
何書いたら、いいんだろって。」

「この問いって、スキル面をアピールすれば、いいんですか?

こんな資格を持っています。
私は、〜力があります。
っていうのも、
長所のはずですよね?」

「結論、理由、具体例、締め
ですよね、ESの基本は。

シチュエーション、タスク、アクション、リザルトも、場合によれば
意識して、書くんですよね?

例えば、
英語力には自信があります
と、
まず、結論を主張。

そして、
具体的にエピソードを。

こんな感じで、書けば、OKですか?」

「それとも
私は、こんな性格です
と、書くべきですか?
ありきたりですけど、負けず嫌いです
とか…」

↓私
『書き方は、人それぞれ、好みがあるからね。
好きなように書いたら、いいよ。

まぁ、オススメは、性格で書いてほしいな。

面接にしろ、ESにしろ、相手に、納得してもらう必要があるからね。」

「〜力のアピールって、人と比べやすすぎるから、あんまり、オススメしていないね。

例えば、集団面接で、君は簿記が得意とするね。
簿記1級持ってます
と、アピールしたら、よこの就活生が
公認会計士の資格ありとか
…。
このパターン、考えたくないよね。』

『性格面の強みをアピールする場合、君なりに、成功要因を
分析して欲しいんだよね。

この時も、あの時も、問題を解決できたのは、自分のこの強みが、いかせたのかも?
こんな仮説をたてて欲しいな。

そのために、いろいろエピソードを思い返してみてください。』


※就活系のイベントに参加し、就活生と交流したり
社会人の声を聞くことをオススメしています。

※就活継続中の17卒の方にオススメ。
(開催場所は東京・大阪・福岡・名古屋)