http://osaka10shukatsu.blog.jp/archives/13543121.html

面接では、あなたのどんなところを伝えたいですか?
無理せずに、あなたらしさを大切にしてくださいね。

人にはいろいろな一面があり、相手により、見せ方や態度をかえますよね。

友達の前でみせる自分。
家族の前でみせる自分。
大親友にみせる自分。
恋人にみせる自分。
初対面の方と話すときの自分。

アルバイト先や部活の後輩さんに指導する際の態度。

あげると、キリはないですが笑

では、面接の場ではどうしましょうか?

⬇️
『面接のマナー、丁寧な言葉遣いを意識しつつ、
どんな、あなたを相手にみせますか?』

◉私の考えをこのタイミングで、シェアさせていただきますね。

『身がまえすぎず、自分らしく
面接にのぞみたい。』

「短所も含めて、自分のはず。
こんな長所と、短所がある
と認める。
そして、面接にそなえる。」

「自分のこういうとこが好きで、
自分のこんな部分は嫌いと
自分の一面を認める。」

「自分らしさって何だろう?
これについて、悩んだときは

身内や親友に指摘されたことも、思い出す。

思い当たるふしがあるから、悪口のはず。

バカ真面目、体力バカ、悪口にも、いろいろありますよね。」

「しっかり、相手と話す。
マナーとして、企業研究は、しっかり取り組む。」

◉面接どう立ち向かうべきか、悩むと思いますが
戦略やコンセプトという視点をぜひ、意識し、考えてみてください。

◉面接の場で、あなたのどんな部分をみせれば、あなたにとって、都合がいいですか?
どんなエピソードを話す予定ですか?
(無理なく、自然体がベターなはずです)

◉そして、相手と談笑できそうですか?
※就活は、騙しあい、化かしあいではありません。
面接は、あくまで、自分らしく。

➡️面接で結果を出すためには、対策や戦略が必要と私は感じています。
そのため、どんな、あなたをみせたいですか?
この質問を今回、みなさんに投げかけました。

◉ちなみに
私なら、他己分析の結果を
参考にします。

「親しみやすい人。
話しかけやすい人。」

この要素を面接で、相手に伝えたいです。

梅田就活基礎講座